□どんな検索サイトを使ったらいいの?
・評価基準
最もふさわしい評価基準は数字で表現された客観的な定量的基準でしょう。
「訪問者数」や「ページビュー」などでしょうか?しかし、これらの数字は情報提供側から提供されるものでとても客観的と言えるものではありません。それに公表される数字の多くは、貴方様の商圏の、貴方様のサービスを対象としたものに限定したものでしょうか。そうでなければ、それらの数字はまったく無意味です。
それでは何を基準に考えれば良いのでしょう?サロンを探す方の多くはポータルサイトのキー検索を利用すると言われています。実際に貴方様がポータルサイトの検索窓から貴方様の考える商圏、ビジネスに関連するキーワードで検索してみて、上位に表示される検索サイトが貴方様が利用すべき検索サイトなのではないでしょか?

・料金
年間利用料6万円で年間60人集客できる検索サイトと、料金が半額の年間利用料3万円で年間30人集客できる検索サイトと貴方様はどちらを利用されますか?どちらも一人当たり広告費は1,000円と同じです。
サロン経営の場合、店舗賃借料と給与が費用の大半を占めるため、広告費が高くても、同じ一人当たり広告費なら売上の多い方、つまり集客数の多い検索サイトを選択すべきです。
そして、集客数が多いと思われる検索サイトは、貴方様が先ほど試した貴方様の関心のある検索キーで上位に表示された検索サイトということになるのではないでしょうか。